プロフィール

安藤政英

ANDO MASAHIDE

安藤政英

1956年岐阜県生まれ
松本市の降幡建築事務所を経て
2001年上田市にて安藤建築設計工房開設
1級建築士登録 245251号
事務所登録 (上小)C第06201号




岐阜県羽島市で生まれ、古い街道に面した間口3間の小さな町屋の家に、男3人兄弟の末っ子として生まれ育ちました。左官職人の父を持ち、幼い頃から職人の手仕事を見ながらものづくりの楽しさを知りました。
建築科の学校を卒業後、地元の建設会社で現場監督をしていましたが、自分たちが住むこの国に生きる人々の営みや、社会や歴史をもっと知りたいという想いにかられ、20代の青春時期に北海道から沖縄まで旅をしてまわりました。
日本全国それぞれの地域には気候風土に適したその地域独特の文化や芸能があり、民衆が日々の生活の中で脈々と受け継がれてきた「伝統芸能」「伝統工芸」「伝統構法」というものがあると知り、強い焦がれを感じました。
暮らしとは切り離せない「住まいづくり」という建築家の仕事は、人々の暮らしを豊かにし生き方をも変えられるーそんな遣り甲斐のある仕事なんだと感じ、松本市にある降幡建築事務所の門をたたきました。
そしてここでの10年、伝統的な木造建築の設計を数多く経験し、古民家や、和風建築の数々を手掛け、また素敵な住まい手の方々とも出会い、多くのことを学ばせてもらいました。
古いと思われがちな「伝統」というものを未来へ繋いでいく時代の捨て石として、私は今まだ道半ばです。

と安藤政英
と安藤政英

事務所スタッフと

2001年、設計事務所として独立し、私の事務所の方針として決めたことが2つあります。
①設計監理を専業とし、工事の施工とは独立した第3者的な立場に立つこと
②組織化した設計事務所で営業・設計・監理というような分業はせず、一環して自らが責任をもった仕事をすること
これからも地域に根を張り、人々と交流を交わし、地域の材料を使いながら環境風土に適した住まいを、職人の手仕事により築いていこうと考えます。



ブログ







加入団体

新建築家技術者集団
建築士会
日本建築家協会

◎新建築家技術者集団 ◎憲章◎

建築とまちづくりにたずさわる私たちは、国土を荒廃から守り、かつ環境破壊を許さず、人々のねがう豊かな生活環境と高い文化を創造する目的をもつ。
私たちはこのことを認識し、行動するための目標をかかげ、ここに憲章を定める。

  1. 建築とまちづくりを、社会とのつながりの中でとらえよう。
  2. 地域に根ざした建築とまちづくりを、住む人使う人と協同してすすめよう。
  3. 建築とまちづくりの優れた伝統を継承し、理論や技術の発展と創造につとめよう。
  4. 人びとに支持される建築とまちづくりの活動をすすめ、専門性を確立しよう。
  5. 建築とまちづくりに関連する国内外の広い分野の人びととの交流をはかり、連帯を強めよう。
  6. 建築とまちづくり、生活と文化、自由のために平和を守ろう。