建築士と家をつくる

建築士は図面を書くことだけではありません。書いた図面が、きちんと正確に、かつ、実際の暮らしの道具としてお客様とともに、人生を刻んでいける建物になるように、完成までのプロセスを管理します。お客様の予算や、建てることに必要な技術をもった工務店を、お客様の代理人として、建築士は責任をもって選定します。お客様が求めるならば、複数の工務店に見積もりをだしていただき、一番お客様の予算にあったところを選びます。

こうして建築士が、責任をもって選んだ工務店に、図面をベースにきちんと建築されるように、工程を管理することも、建築士のしごとです。 お客様>建築士>工務店という形で、工務店や建築会社の専門的な用語や施工内容を、建築士が間にたって、管理運用していきます。

建築士と家をつくる工務店とお客様の関係

建築士は図面を書くことだけではありません。書いた図面が、きちんと正確に、かつ、実際の暮らしの道具としてお客様とともに、人生を刻んでいける建物になるように、完成までのプロセスを管理します。お客様の予算や、建てることに必要な技術をもった工務店を、お客様の代理人として、建築士は責任をもって選定します。お客様が求めるならば、複数の工務店に見積もりをだしていただき、一番お客様の予算にあったところを選びます。

こうして建築士が、責任をもって選んだ工務店に、図面をベースにきちんと建築されるように、工程を管理することも、建築士のしごとです。 お客様>建築士>工務店という形で、工務店や建築会社の専門的な用語や施工内容を、建築士が間にたって、管理運用していきます。

設計の進め方と設計料について

建築相談:無料

上田市の郊外にショールームを兼ねた事務所を構え仕事をしています。

実際の建物を見ながら、素材や工法、また自分らしい暮らしとは何かをご一緒にお話し合いできればと思います。

時々行う完成見学会にもお越しいただき、体感してみてください。

家作りのお悩み相談はいつでも何度でも無料です。

お問い合わせ・資料請求

01 基本設計

初回面談無料 (遠隔地の場合、交通費をいただきます)

そこでプランのご依頼があった場合、着手金として216,000円(税込)をいだきます。住まい手のご要望やご予算を十分お聞きし、実際に土地を拝見し、役所で法的な調査を進め2週間ほどでプラン(平面図1/100 立面図1/100)を提出します。

2~3回の修正を経てご納得いただけましたら「そこで設計監理契約」を交わします。

(「設計監理契約」に至った場合、着手金は設計監理料に含ませていただきます。)

02実施設計

基本設計をもとにさらに詳細なご要望をお聞きしながらプランを練り上げていきます。ここでややもすると巷の流行やトレンドやスタイルなどに惑わされがちなのですが、自分らしい住まいとは何なのかをなんども話し合います。

その他、建築確認申請や地耐力試験なども平行して行います。

03工事見積

実施設計が完成しましたらこんどは業者さんの選定です。

複数の方に相見積もりをお願いすることもできますし、お目当ての一社に交渉するなどやり方はさまざまですが一番信頼できる方に頼めればと考えます。

04工事契約

工事見積書をチェックしながら予算に合わないところや無駄なものは整理するなど精査し最終的な金額を決定し施工業者と直接契約をしていただきます。

05監理

建築確認が下りましたら着工です。
週1回のペースで図面どおり行われているのかを確認しに現場打ち合わせを行います。

具体的な形になっていくとご家族の皆さんのイメージも増していきます。軽微な変更や要望に対しても細かく対応しながら夢の完成にご一緒させてもらいます。パターン化したハウスメーカーとは違いますのでまさにすべてが手作りです。

06完成

工事が終わり、役所の完了検査、建築主、設計者、工事業者3者との竣工検査が終わり建物の引渡しとなります。

引渡し後も暮らしながらの不具合など対応させていただきます。

設計監理料

設計料は新築、民家再生、リフォームなど規模も形態も違いますが、新築の場合は基本的に施工面積に対して「8万円/坪」(税別)からとさせていただいています。当然施工面積が大きくなれば下がります。

旅館や保育園など特殊建築はご相談の上決めさせていただきます。遠隔地の場合交通費をいただきます。