鎌ヶ谷ひかり幼稚園、「小さい子のおうち」上棟式が行われました。

大工職人の手刻みによる木造建築の建て方です。

手刻みによる加工にこだわるのはやはり「木は木で締める」という考え方。

プレカットではできない長ホゾ、込み栓。継ぎ手を長く重ねる金輪継ぎや追っかけ大栓継ぎによる接続。金物に頼らなくても地震時には十分な粘りを見せてくれます。

それは上棟時に組み立てる作業を眺めているだけでも感じます。仮筋交いがなくても大工さんが梁の上を飛んで歩いても不安定さがないのです。でいてとてもしなやか。

工場で機械があっという間に刻むプレカットの場合はホゾが短いので金物に頼らざるをえません。。

筋交いは地震時に接合部を破壊してしまうという現場を被災地ではよく見ます。そのためにまた金物で頑丈に締め上げなければならなくなります。

このイタチごっこのような作業に疑問を持っていましたが、伝統工法という昔からある技に答えがありました。目からうろこです。

しかし、こうした技術もあと何年続くか。

経験のある大工さんや工務店さんも年々減っていっているのが現状です。

そもそも建築家もこうした「木を見せる」というスタイルで設計される方も少なくなくなってきています。

でも、僕はこうした伸びやかな美しい木造の建物が好きだからこれからも設計し続けます。

そして住んでいる人が気持ちよくなれることがなによりです。