ホームworks| 民家再生
民家再生(12 件)

海野宿 М邸古民家再生 <{$lang_popular}>

2017-7-14 5:03  投稿者: ando (記事一覧) [ 762hit ]
東信地方では有名な海野宿。街道沿いにある古民家を再生しました。縁側のガラス戸も風が吹くとガタガタヒューヒュー、トイレも暗くて寒い。もともと蚕室作りなため2階は埃だらけのホールになっていて断熱材なんてまったく無い状態。旧家は建物自体が大きいため全体総がかりで直すというのは金銭的に厳しいものがあります。座敷等、設えのしっかりできている部分はそのままに、水回り等生活に密着した部分を羊毛断熱、外断熱、断熱サッシでくるみ、断熱の間取り部分を計画的に設計してみました。
所在地長野県東御市
竣工2017年6月
施工石井工務店

草津温泉 泉水館 <{$lang_popular}>

2016-7-15 19:01  投稿者: ando (記事一覧) [ 3661hit ]
温泉地ランキング東日本ではいつも1位を誇る「草津温泉」このたび小規模ながら老舗の温泉旅館の設計を担当させていただきました。平成元年の建物をリフォームしながらさらに古い建物は解体し新たに住宅部分を含めた客室を増築しました。個室の食事処、男女大浴場を無くし、完全貸切個室風呂。客室数は4室と小さいながらもゆっくりできる空間を確保し、家族だけで経営できる旅館へと再生いたしました。
所在地草津温泉
竣工2016年7月
施工川西

上越市 ビストロサブリーユ <{$lang_popular}>

2015-2-20 14:09  投稿者: ando (記事一覧) [ 5049hit ]
上越に古民家を再利用してフレンチのお店ができました。名前は「ビストロサブリーユ」3年前から住居兼用でお店を計画していたのですが丁度手頃な古民家が出て急遽設計しなおし、移築再生となりました。茅葺の平屋建てではなく総2階欅づくりの切り妻屋根古民家でしたので店舗兼用住宅にはもってこいでした。人の手で作り上げた本物の木の家は和洋問わず落ち着いた空間を演出してくれます。
所在地上越市
竣工2015年1月
施工まるやま事業部

上田市М邸民家再生 <{$lang_popular}>

2014-1-23 22:19  投稿者: ando (記事一覧) [ 3304hit ]
上田市の古民家再生。かなり大きな建物でしたが、住まわれなくなってだいぶ時間が経っていました。一番広い、オエやカミザシキ、シモザシキも暗く静まりかえっていましたが、そこをリビングとキッチンという生活や家族の中心にすえ暮らしを蘇らせることとしました。広すぎる玄関を本玄関と内玄関にゾーニング分けしたり、2重の動線や風通しに収納など工夫をいろいろ施しました。なかでも一番狭くて痛みが激しかった離れを「茶室」にしたことがこの建物にさらに彩りを添えています。
所在地上田市
竣工2014年1月
施工石井工務店

日光市 三島屋商店 <{$lang_popular}>

2013-10-9 15:49  投稿者: ando (記事一覧) [ 5531hit ]
日光東照宮へ通じるメインの大通り、このたび道路拡張に伴い建て替えとなりました。市内を貫く目貫通りということもあり、当然景観形成の重点地区ともなっています。昔ながらの町並みを再現しようと新潟の豪雪地方にある古民家を移築するこことしました。深い軒先は道行く人の憩いのスポットとし、全体に建物の高さを抑え、土、木、瓦という素材を使い、欅の曲がり丸太や18センチ角の柱を基調としたダイナミック、かつ繊細な建物となるよう工夫しました。内部の着色も住まい手による漆塗りや鉄製の工芸品など工務店と施主も一緒になって作り上げた...
所在地栃木県日光市
竣工2012年12月
施工無垢工房イケダ
備考2013年度栃木県マロニエ建築賞特別賞受賞作品

軽井沢町 О邸 <{$lang_popular}>

2013-7-23 7:22  投稿者: ando (記事一覧) [ 4799hit ]
旧宿場町でもある追分に建つセガイ造りの古民家でした。古民家再生の相談で訪れましたが、石場立て工法の基礎の不安定さや木部の腐れ、接合部の弱さなどを見て判断した結果、新築なみの予算がかかってしまうわりに要望どおりの間取りも確保できないということで住まい手ともよく話し合い新築にすることとしました。住まい手の「なんとか再生したい」というお気持ちはこの追分の景観や建物から与える歴史の重さだと思い、外観のディテールは材料も含めそのまま再現することとしました。

東御市Yさんの古民家 <{$lang_popular}>

2012-7-9 11:37  投稿者: ando (記事一覧) [ 5571hit ]
日本の家というのは、畳を替えて、障子を張り替えて、壁を塗り替えればまた新品のようになります。昔からメンテナンスが楽なようにできているのです。今回の古民家もあまりいじりすぎないようにそのままの素材の味を生かした「民家再生」をこころがけてみました。

松本市Kさんの家 <{$lang_popular}>

2011-4-28 13:07  投稿者: admin (記事一覧) [ 5139hit ]
初めてここを訪れたのは18年前。忘れてしまった頃にご相談の電話をいただき、いよいよ実現することができました。以前の間取りは中心の居間は物置になって暗く廊下のような状態になり、水回りのある部屋にこじんまり過ごされていました。再生のポイントはとにかく、この建物の中心を広く、明るく快適にし、食事や団らんの中心もこの居間にもってくることとしました。今回の再生はジャッキアップなどはしない方針で、土壁などもなるだけダメージを少なくし、あるものをなるべく使うという形で再生を行いました。天井が低く暗い居間は吹抜けにし、...
所在地松本市
竣工2009年7月〜2010年7月
備考*******

上田市Sさんの家 <{$lang_popular}>

2011-4-28 13:07  投稿者: ando (記事一覧) [ 5379hit ]
上田市近辺の古民家を代表するような総2階建ての古民家です。上田市は養蚕で栄え、どの古民家も1階は天井が低く「踏み天井」となり2階は小屋組を表した大空間となっています。外観は通常の建物の高さなんですが、この1階の天井の低さがネックとなり暗い部屋のうえに狭苦しさを感じさせてしまいます。暗い部屋に光りと風を取り入れ、どうしたら快適に暮らせるかが再生のポイントとなります。今回は色やテクスチュアにも気をはらい、スタイリッシュな古民家としてみました。
所在地上田市
竣工2009年10月〜2010年7月
施工石井工務店
備考木造2階建て

小諸市Мさんの家 <{$lang_popular}>

2011-4-19 22:07  投稿者: admin (記事一覧) [ 5466hit ]
日本の骨董など、とにかく古いものが好きだというご主人はイギリス生まれ。そんなご夫婦の住まいを信州で実現しました。古民家は新潟県上越地方にありましたが、住む人はすでになく、中は暗く竹がはえていました。しかし、暗闇の中に凛とした梁の逞しさや美しさに魅了されて移築に踏み切りました。移築後は光りを思い切り取り入れ明るい居間(オエ)や台所、浴室などを配し清々しい古民家スタイルの住まいを実現しました。2階は小屋裏になっていますが、頭があたりそうな空間など逆にわくわくしてくるというのは古民家でしか味わえない雰囲気かも。
所在地小諸市
竣工2009年7月〜2010年7月
施工川西
備考木造茅葺風2階建て
1 - 10 件目 ( 12 件中)   前 1 2
TOPIC

信州の建築家とつくる家 第13集

「KURA]4月号

「あるしてくと」第2集

「民家の再生」第2集

「あるしてくと」創刊号

 

KURA「信州に住む」

社会派建築宣言

信州の建築家とつくる家 第9集

KURA信州に住む

住まいnet信州

KURA8月号

住まいネツト新潟

 

チルチンびと68号

 

古民家スタイル15号

 

 

 

 

オンライン状況
24 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが works を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 24

もっと...