5月27日内覧会

カテゴリ : 
住まいは生き方・日記
執筆 : 
ando 2018-5-20 5:43

 5月27日の日曜日に建主様のご好意により内覧会を開催することができました。ご都合よろしければご連絡ください。おって地図を送らせていただきます。

場所 長野県御代田町

時間 朝9時〜午後4時まで

外観は大屋根の普通の住宅ですが、中に入ると5階建てという摩訶不思議な建物。小さな子供たちが生き生きと動き回れる保育園のような建物となりました。

長岡市の笹団子の老舗、江口だんごさんにお邪魔しました。

建設してかれこれ13年になります。

早いものです。

まだ独立して間もない頃で初めての大型物件でした。

突然いらっしゃった社長さんとすっかり意気投合し、精一杯、いい仕事をさせていただきました。

古民家2棟を合体して移築という難しい仕事でしたが、さて、長岡の建物はどういったものだろうといろいろと調査。しかし、73年前の長岡大空襲で殆ど残っていませんでした。

豪雪と雁木のある暮らしというイメージからこの建物を創造してみました。

また建物も、新潟の古民家ということで総欅と言っても過言でないくらい上質な材料にも恵まれました。

 

 

 

土蔵を模した工場棟。外壁の土壁感を出したいので目地(モルタルのつなぎ目)を付けないで一発で仕上げてほしいと工務店さんにお願いしました。

そんなことは無理だと言われましたが無理を押し通してなんとかやってもらいました。

この後、何度か地震がありましたがやはりこれでよかったと思っています。

埋め立て地だったので、しっかり地盤改良を行ったことも良かったと思います。

 

2階の喫茶室、梁組は「豪勢かつ堅牢に」

わざと梁の位置を極力下げて「圧迫感」を演出しています。

圧迫感というのは負のイメージですが茶室の天井も低いようにそれは「落ち着きや安定感」となります。

長屋門を抜けるとそこは別世界。

 

 

ブログ カレンダー
« « 2018 5月 » »
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
TOPIC

信州の建築家とつくる家 第13集

「KURA]4月号

「あるしてくと」第2集

「民家の再生」第2集

「あるしてくと」創刊号

 

KURA「信州に住む」

社会派建築宣言

信州の建築家とつくる家 第9集

KURA信州に住む

住まいnet信州

KURA8月号

住まいネツト新潟

 

チルチンびと68号

 

古民家スタイル15号

 

 

 

 

オンライン状況
8 人のユーザが現在オンラインです。 (7 人のユーザが D3ブログ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 8

もっと...