古民家風リフォーム

カテゴリ : 
住まいは生き方・日記
執筆 : 
ando 2018-4-26 7:10

白い壁と古民家調に黒く塗った柱や梁を見せ、天井の高さも抑えたオシャレな古民家風の室内にリノベーションしました。もともと和室が主体の部屋つくりでしたが、洋風にベッドやソファが似合う設えとしました。キッチンも入れ、ユニットバスと台所の間に室内窓を取って「抜けた」雰囲気を作り出しました。普通あまりこんな窓は考えつきませんが、思い切ってやってみると思わぬ効果が生まれます。

 

「みずきの家」地鎮祭

カテゴリ : 
住まいは生き方・日記
執筆 : 
ando 2018-4-11 8:23

 昨年設計をすすめてきた物件ですが、暖かくなってきたところで着工となりました。

今回の家のテーマは「みずきの家」

30年前に娘さんが生まれたとき、お父さんが庭に植えた山みずきの木。建て替えにあたり切り倒したのですがその樹木を再び家の中の柱として使うことにしました。

撮影会

カテゴリ : 
住まいは生き方・日記
執筆 : 
ando 2018-4-8 18:06

 東京で建築専門のカレンダー写真を撮影する方から「古民家のシリーズでカレンダーを作りたい」というお申し出があり、近辺で最近設計した建物の撮影ロケに同行しました。

1日で4件あまりまわって忙しかったです。

カテゴリ : 
住まいは生き方・日記
執筆 : 
ando 2018-4-6 6:10

 設計士は間取りを設計したら終わりというわけではありません。

1住宅30ページあまりの実施設計図というものができあがりますが、図面に書き表せないものも沢山あります。現場でアドリブ的に大工さんにお願いしていくのですが、部屋には「何かを置く棚」というものが必ず必要となります。

そこで考えたのが壁に埋め込んだ棚。筋交いの入る壁にはできませんが壁の厚みを利用してこんなのどうでしょうか。

時計や本や置物など生活するということはそういった小物も置く場所が必要となります。

リノベーション

カテゴリ : 
住まいは生き方・日記
執筆 : 
ando 2018-4-5 6:06

 中古住宅リノベーションの設計です。

亡くなられたご両親のお住まいだったのですがそのままにしていたら家は傷んでいくばかり。

2階を取り払い、「減築」してコンパクトなセカンドハウス的なものに改造しようと依頼を受けました。

クライアントのお住まいは近くにありますし、普通の改修ではつまらないので「別荘」的な非日常的セカンドハウスができたら面白いかなと思いました。

座敷はご両親の思い出がありますのでそのまま残し、リビングダイニングや水周りはホテル旅館のようになったら楽しいかな。

土壁の建物でしたので土壁は残し、それに加え断熱改修もしっかりやりたいと思います。

築100年の所謂古民家でなくとも良質な中古住宅は増えていくばかりです。

システムキッチンやシステムバスを入れて新しいクロスを貼ればきれいになったように見えますが、生活に楽しさや使いやすさを加え、将来的な家族の暮らしを考えていくようなリノーベーションをしていきたいものですね。

 

ブログ カレンダー
« « 2018 4月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5
TOPIC

信州の建築家とつくる家 第13集

「KURA]4月号

「あるしてくと」第2集

「民家の再生」第2集

「あるしてくと」創刊号

 

KURA「信州に住む」

社会派建築宣言

信州の建築家とつくる家 第9集

KURA信州に住む

住まいnet信州

KURA8月号

住まいネツト新潟

 

チルチンびと68号

 

古民家スタイル15号

 

 

 

 

オンライン状況
15 人のユーザが現在オンラインです。 (15 人のユーザが D3ブログ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 15

もっと...