食事室の改装工事

カテゴリ : 
住まいは生き方・日記
執筆 : 
ando 2017-3-29 20:10

 旅館の大部屋食事室を個室に改修する工事。ほぼ最終工事が終了してきました。

改修はいつも改修前の写真を撮りわすれていてビフォーアフターがよくわからなくてすんません。

この床は朝鮮張でやってみました。古材の幅を有効に使う場合はこれが一番。またいろいろの表情をした材料がまたいい味わいがあります。

和と洋の対比的な食事室ができました。

保育園も旅館も人を楽しませる空間づくりは同じ。

住宅も「住んで楽しくなるもの」を設計することにここがけています。

気軽に是非お問い合わせくださいませ。

偉大なる芸術家たち

カテゴリ : 
住まいは生き方・日記
執筆 : 
ando 2017-3-28 19:08

 小川保育園の天井画。制作風景はこんな感じでした。

これがこうなりました。

 

 小川保育園の竣工式がありました。在園児さんたちの合唱から始まり、手作りの感謝状をいただいたりして沢山の親や理事の皆さんに見ていただきました。真壁で作った建物というのはなかなか無いなかで保育園の赤ちゃんたちがすごすところをこうやって作ることができて幸いです。合板ゼロの本当のオーガニックハウスの完成です。

小川保育園ラスト1週間

カテゴリ : 
住まいは生き方・日記
執筆 : 
ando 2017-3-19 20:03

 今回の保育園のメーンイベント。天井に天然和紙を貼ってみました。色つけは保育園の子供達です。クロス屋さんも和紙を貼るなんて始めてのことでしたが丁寧に美しく貼っていただきました。ここは乳児棟として0歳〜1歳までの赤ちゃん専用の木造の建物です。こんな手作り感満載の建物なんてありきたりの建材を使って作る今の風潮からまったく逆工していますよね。でもあかちやんが床に寝て天井見ながらバブバブいつている姿が今から目に浮かびます。

それともう一つは床のクリパネル床です。これね始めての体験ですがこの微妙に凸凹感がなんかいいです。

玄関で靴を脱いで裸足の一歩めの感覚って大事です。

しかし、横幅がタイル割りぴったりでこれまたうまくいきました。

30坪の建物ですがどこを見ても楽しい建物となりそうです。

早く床の養生を剥がして無節の檜フローリングを拝んでみたいところです。

ブログ カレンダー
« « 2017 3月 » »
26 27 28 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
TOPIC

「KURA]4月号

「あるしてくと」第2集

「民家の再生」第2集

「あるしてくと」創刊号

 

KURA「信州に住む」

社会派建築宣言

信州の建築家とつくる家 第9集

KURA信州に住む

住まいnet信州

KURA8月号

住まいネツト新潟

 

チルチンびと68号

 

古民家スタイル15号

 

 

 

 

オンライン状況
6 人のユーザが現在オンラインです。 (5 人のユーザが D3ブログ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 6

もっと...