寒い冬もあと少し

カテゴリ : 
住まいは生き方・日記
執筆 : 
ando 2018-2-26 14:19

 2月もあと少しで終わりもうすぐ3月です。

太陽の陽射しもなんとなく太陽高度が上がり明るくなってきたのを感じます。

地球の自転が変わっていく様子は家の中に差し込む太陽光の長さで感じられていいですね。

省エネの考え方から言うと窓が大きいのは欠点になりやすいそうですが、思いっきり光を入れたいという思いのほうを優先しました。

東から太陽が昇ると居間の西側の壁から始まって日中ゆっくりと床、そして西陽が東の壁を暖めてくれます。

こうやって一日ゆっくりと室内の壁を暖めてくれるため夕方から夜中は室温も下がりにくく快適です。

おかげでこの冬の最低気温は−13度Cくらいになりましたが無暖房で室温+12度Cくらいは確保できました。

だいたいいつも外気と内気の差が25度くらいの差を確保できているのかな。

お風呂や廊下が寒い(廊下を作らないプランですが)というようなヒートショックも無く、朝布団から出られないなんてことはまずありません。

機械仕掛けで省エネというより何もしないで省エネのほうが環境にやさしいと思います。

それになんと言っても太陽の光はタダです。どんだけ光をいただいてもタダです。

上田の地域は長野県下でも日射量の多い地域でとても過ごしやすい地域ですのでシステムにお金を使ったりプランに制約がかかったりしないで自由なお家を作ってみませんか。

それにこの家は普通の木製建具、木製サッシではありません。気密性は少し劣り悩みましたが毎日の暮らしの気持ちよさを考えたらやっぱりこっちだなと選択しました。これで充分です。

省エネ住宅とはこういうものと決め付けないでそれぞれの生き方や個性にあった家づくりを提案できればと思います。

 

トラックバック

トラックバックpingアドレス トラックバックpin送信先urlを取得する
ブログ カレンダー
« « 2018 7月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
TOPIC

信州の建築家とつくる家 第13集

「KURA]4月号

「あるしてくと」第2集

「民家の再生」第2集

「あるしてくと」創刊号

 

KURA「信州に住む」

社会派建築宣言

信州の建築家とつくる家 第9集

KURA信州に住む

住まいnet信州

KURA8月号

住まいネツト新潟

 

チルチンびと68号

 

古民家スタイル15号

 

 

 

 

オンライン状況
10 人のユーザが現在オンラインです。 (9 人のユーザが D3ブログ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 10

もっと...