今年最後の引渡し

カテゴリ : 
住まいは生き方・日記
執筆 : 
ando 2017-12-30 9:05

 上田市丸子で4月から着工した建物が完成しました。クライアントとは昨年の7月から設計の打合せをはじめました。「広い玄関」「大きなリビング」「平屋建て」のキーワードとなるご要望をうけ設計しましたが、全部を平屋にすると予算がオーバーするし、希望の間取りでは寝室や子供室などのプライベートな部屋をとるのが難しい。そこで考えたのが、安藤設計お得意の「縄文住宅」?????。全体で見ると平屋建てですが一部を半地下、中2階という手段をとって内部の体積の無駄をなくして目いっぱい空間を確保するという手法。一見どこにもあるような普通の平屋建てですが、中に入ると4階建てという不思議な建物。完了検査に来た役所の人も「いったいどうなってんの?」と目を丸くして検査していました。

小さなお子さんがいて子育て真っ最中のご家族にはいつどこにいても家族の気配を感じられるというのは家作りをするうえで大切なことと考えています。

トラックバック

トラックバックpingアドレス トラックバックpin送信先urlを取得する
ブログ カレンダー
« « 2018 1月 » »
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
最新のエントリ
TOPIC

信州の建築家とつくる家 第13集

「KURA]4月号

「あるしてくと」第2集

「民家の再生」第2集

「あるしてくと」創刊号

 

KURA「信州に住む」

社会派建築宣言

信州の建築家とつくる家 第9集

KURA信州に住む

住まいnet信州

KURA8月号

住まいネツト新潟

 

チルチンびと68号

 

古民家スタイル15号

 

 

 

 

オンライン状況
24 人のユーザが現在オンラインです。 (23 人のユーザが D3ブログ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 24

もっと...