雨戸

カテゴリ : 
住まいは生き方・日記
執筆 : 
ando 2017-11-7 10:32

 最近、全開放型のサッシが出てきましたが、かなり高価なものでなかなか使えません。それに構造的な問題なのか横幅が大きくても2m70cmぐらいが精一杯です。2間幅、いわゆる3m60cmという8畳間級の横幅を全開放したいとしたとき木製サッシを使うしかありません。しかし、木製サッシはガッチリしていますが、重くてなによりこれも高価なもので手が出ない。そこで、いつもやっているのが普通に建具屋さんでお願いして作ってもらうということです。隙間風が気になるところですが、ピンチブロックとか風止めは職人さんの手とアイデアでなんとかなるものです。あとはペアガラスを入れて断熱性能も上げれば安くて効果的な窓が自由に作れます。

太陽光線をいっぱいいれるため高さが2m20cmもある大きなガラス戸にしたので、台風のときにちょっと不安があるため外部に雨戸も仕込んでみました。木の雨戸というのは昔ながらのものですが、こちらもとても効果的で気に入ってます。毎日あけたり締めたりガラガラガラーってね。

 

トラックバック

トラックバックpingアドレス トラックバックpin送信先urlを取得する
ブログ カレンダー
« « 2017 11月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2
最新のエントリ
D3ブログのトップへ
TOPIC

信州の建築家とつくる家 第13集

「KURA]4月号

「あるしてくと」第2集

「民家の再生」第2集

「あるしてくと」創刊号

 

KURA「信州に住む」

社会派建築宣言

信州の建築家とつくる家 第9集

KURA信州に住む

住まいnet信州

KURA8月号

住まいネツト新潟

 

チルチンびと68号

 

古民家スタイル15号

 

 

 

 

オンライン状況
8 人のユーザが現在オンラインです。 (8 人のユーザが D3ブログ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 8

もっと...